読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お米丼、ライス付

炭水化物をつまみに酒を飲むことが理想

奇跡の双子、大木兄弟と私

しゅみ

 

先日12月14日、ロック界の人間国宝である大木兄弟が50歳を迎え、二人を愛するたくさんの人々が渋谷に集結しました。もちろんわたしもお祝いに駆け付けました。

natalie.mu

思い出すだけで、ジーーーンとか、ヌヲワ~~~とか、ドビュッシーーーとか、もうわけわかんない感情があふれ出てしまう、愛に満ちた素晴らしいお祭りでございました。怒髪天増子さん、ピロウズさわおさん、フラカングレートさんなど、超豪華なドタ参ゲスト陣も華を添えた、夢のようなステージでした。
 
私は現在23歳なのですが、何故世代的にかすらないのにこの2組の音楽の虜になったのか、記憶の整理がてら、である口調の少し気持ち悪い文章で綴っておきたいと思います。
 
※音楽ライターでも何でもないトーシローがこぼれだす愛だけで語っています。的外れなことを言っていやがるかもしれませんが、暖かく見逃していただけますと幸いです。ファンの方にはあまり見られたくない…。
 
  • 大木兄弟とは

1965年12月14日生まれ、千葉県成田市出身の一卵性双生児。兄はTheピーズのベースボーカル大木温之さん(通称ハル) 、弟はTOMOVSKYこと大木知之さん(通称トモフ)という、ミュージシャンな双子様である。
 
  •  弟・トモフの音楽との出会い

今から数年前、わたしみたいなもんでも、大きな挫折を感じる出来事があった。周りの人に多大な迷惑をかけ、そこから這い上がる気力もなく、ハハッ、もうワシはだめじゃ~(笑)とのたうちまわって、日々生きていくのに精いっぱい、呼吸するのも一苦労…とまではいかないものの、とにかくブロークンでクローズドな時期があった。
その時になんとな~くネットサーフィンをしていて、たまたまYoutubeの関連動画から辿り着いた曲が、TOMOVSKY「骨」だった。
 


TOMOVSKY/骨

 

正直、「一聞き惚れ」である。歌詞、メロディ、声、全てが自分の好みに合致する感覚が脳内を駆け巡った。
いったい何者なの!?!?!?!?!?!?!?!?
私はすぐTOMOVSKYの情報をネットで調べ、Amazonでベストを始めとしたCDを片っぱしから取り寄せた。そこからはものすごいスピードで、どんどんトモフの音楽にのめりこんでいった。
 
 
TOMOVSKYの楽曲は哲学だ、とよく言われる。…そもそも哲学とはなんじゃ?
ウィキペディアでその項目を調べると、
人生・世界、事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問。また、経験からつくりあげた人生観。
とある。
うーん、難しいけども、「人が人として生きていく上で考えられる、理屈では説明できない世界・事象について考察する学」とでも言おうか。…要約できてない上に逆に難しくなってしまった気がする。
とどのつまり、人それぞれの価値観によって変わり、正解などない学問なのではないか。
 
ずっと思ってたことや感じていたけど表せられなかったこと、心の奥に脳の奥にしまいこんで消化できなかったこと、そんなもやもやとした感情を、トモさんは音楽として絶妙に表現してくれる。
「そうなんです、私が言いたかったこと、感じてたことはまさにそれなんです!」と首を大きく縦に振って共感してしまうのだ。
ポジティブなようでネガティブ、ネガティブなようでポジティブな曲たちは、色々なことに甘えきっていた自分を許してくれる気がするし、捻くれた自分を正当化してくれる。
 
そしてTOMOVSKYの代表曲のひとつであり、ライブでも定番の曲が「我に返るスキマを埋めろ」
 
おそらくTOMOVSKYを聴いたことがない人が最初に聴くのに、相応しい曲と言えるだろう。この曲こそまさに哲学な気がしてしまう。
何があっても見落とせ、見過ごせ、聞こえても聞き逃せ、で人生をやりすごしていくのだ。
 
Theピーズはもともと知ってはいたが、上記のことをきっかけにボーカルのハルさんがトモさんと双子の兄弟である事を知り、そこから初めて曲を聴き始めた。
 
これが、TOMOVSKYとは形態も曲も歌い方もかなり違うのである。
 
ピーズの曲は、どちらかというと人間のかっこ良くないところを歌っていることが多い。しかし、そのカッコ悪さがもう、死ぬほどカッコいいのだ。
かっこ悪いが、かっこいいのだ。そこまでくると、かっこ悪いが、かっこ悪くない。もう自分でも何を言っているか分からない。
しかし、私も適当に言っているわけではない。
 
ピーズの代表曲である、「生きのばし」。
この曲を聴いてもらえば、私が何を言っているのか少しは伝わるように思う。
そしてこのように、死生観に近いことを歌っていることもある。もうその歌詞が、メロディが、心に痛いほど深く突き刺さるのである。
 
theピーズは、結成から10年で活動休止、そして5年後に活動再開をしており、その中でメンバーチェンジなども経て、バンド自体が波乱万丈な道のりを歩んでいる。だからなのか、その過程や歩みを彷彿とさせる楽曲も多い。
大きな挫折や出来事を乗り越えてきた人、そして今現在困難に直面している人ほど、ピーズの曲にグッとくると言えるだろう。
 
  • 50年前も、50年先も

流行りのJ-POPもいいだろう。というより、音楽として素晴らしいから売れているんだろう。

でも決して、メディアに出ているからいい音楽!とか、出てないから悪い音楽!ということはない。

ハルさん、トモさんが作る音楽は、間違いなく素晴らしいと思う。(本当に、偉そうにすみません)

 

もちろん、人には音楽の好みがある。万人受けする音楽というものはない。

だから、あまりまっすぐな考えができなかったり、純情な人に嫉妬してしまったり、大きな挫折をしたことがあったり、生きるのが面倒になったりしたら、是非、この2組の音楽を聴いてみてほしい。

きっと彼らの曲が、心に引っかかるのではないかと思う。

そして、若者こそ、TheピーズTOMOVSKYを聴いてほしい。50年前から紡がれたこの奇跡の双子を、50年後も紡いでいくのは私たち、そして、さらに下の世代だ。50年先も2人のいる真青な空に浮かんでいたい。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみません。愛だけで暴走しました。見当違いなことがありましたら、大変申し訳なく思います。もう私はこの双子が単純に大好き、ただそれだけの日記でした。

本当にありがとうございます。失礼します。

 

 

新しいエクスタシーのカタチ、「食い自慰」の方法をここに記す

食べる

「自ら」を「慰める」と書いて「自慰」。
オナニーとか、マスターベーションとか、自家発電とか言われるアレである。
(ちなみに私の誕生日は7月21日で0721の日である。この記事とは全く関係ない。)

世間様は、一体どれくらいの頻度で自慰行為をしているのだろうか。
全くしない、ほとんどしない、という人もいれば、毎日という人もいるかもしれないし、男子中学生のときは1日に5回!という猛者もいるかもしれない。

かくいう私は、だいたい2週間に1回の頻度で自分を慰めている。
しかし、私の自慰行為はただの自慰行為ではない。
玩具を使うとか、ハプニングバーにいくとか、決してアブノーマルな方法ではない。
うつ伏せになって床にコスるとか、上り棒を無駄に往復するとか、そういったウブなものでもない。

私はズバリ、「食い自慰」で自分を慰めているのである。



●食い自慰とは

まずは、こちらをご覧いただきたい。


【大食い】お寿司食べ放題!200貫超え!【木下ゆうか】"200"Sushi buffet| Japanese ...

うんうん。かわいいね。女の子がたくさん食べる姿は。
動画が見られない人のために簡単に説明すると、大食いタレントでありYoutuberである美女が、食べ放題のお寿司屋さんでただひたすら寿司を食らう。それだけの動画である。
ただし、大食いタレントであるが故に、その食べっぷりが半端ない。この動画だと、寿司を200貫以上食べているようだ。
私は太りやすいので、200貫も食べてしまったらあっという間に10キロ程増加してしまいそうなので、大食いなのに痩せている彼女が単純にうらやましく思う。

問題はそこではない。食い自慰についてだ。
そう、私にとってこの大食い動画が、オカズである「AV(エロ動画)」なのである。
勘違いしないでいただきたいのは、私はこの動画に登場する女性の食べっぷりに興奮しているわけではない。そんな性癖があるわけでもない。
私がこのAVの中で注目し、気持ちを高めているモノ。それは、彼女が食べている「寿司」なのだ。
さながら、男性がAVを見るときに注目する女優だ。
私にとってこの寿司が、興奮を高めてくれる女優さんなのだ。
しかも私は寿司が大好物なので、特にお世話になっている女優さんだ。

※きっと、まだ私が何を言っているか理解ができないように思いますが、もう少しだけお付き合いください。

AV(大食い動画)に出ているAV女優(寿司)を見て大興奮する私。
中トロからいやらしく滴る脂…サバの淫靡なヒカリ…白くてやわらかそうなシャリ…

たまらん…っ!!

自慰行為中に興奮に達してきた男性は、きっとこう思うだろう。
「出したい……!!」と。
それと全く同じで、興奮に達してきた私が思うのはこうだ。

「食べたい……!!」

フィニッシュに向けて、私は静かに動き出す。


●食い自慰のラストスパート

AV(大食い動画)をみて気分を高めた私が向かうのは、風俗でもなく、はたまた彼氏のもとでもない。

f:id:mocchivsky:20150903171506j:plain


そう、寿司屋である。
最高のエクスタシーを感じるために、寿司屋の自動ドアをくぐる。
混雑に巻き込まれないように、事前に公式サイトからWEB予約をするのも忘れずに。
(今はそんな機能がある店舗が多いです。便利ですね)

店員『1名でお待ちの餅様~(バカでかい声)』

おせっかいなくらいの大声でスタンバイの合図がかかるが、そんなことは今はどうでもいい。なんてったって、興奮が最高潮だからである。
カウンター席に案内される私。アガリ(事後ティッシュ)も用意し、いつでもイける準備はできている。

ヨシ、いくぞう!

タッチパネルを押すなり、回転レールからとるなりし、
ひたすらに食らいまくる!

『うおおおおおおおお!!!!ばびゅーーん!ばっひゅうーーーーーんんん!!』

至高のオーガスムである。
食い自慰のいいところ、それは食べていて美味しく感じてる間はずっと絶頂を感じられることだ。食べている間、ずっとずっと快楽に溺れていられるのだ。

しかし、エクスタシーにも限界がやってくる。
6、7皿食べたころであろうか。抗えない「満腹」状態がやってくるのである。
私は静かにティッシュ(アガリ)で汚れた部分を清める。

『もうしばらく寿司はいらない…』

これが男性ならだれもが訪れると言う、賢者モードだ。
これ以上ないくらいの真顔で会計を済ませ、冷静な気持ちで店を出る。
しかし気持ちはどこか晴れやかだ。肌ツヤもよくなっているだろう。
『一日も経てばまたどうせ、寿司をたべたくなっているだろう…』
そう考えながら、私は帰路につくのであった。

 

●食い自慰は日常に潤いを与える

以上、私がよく行っている食い自慰・寿司編の大まかな流れを説明させていただいた。
もちろん寿司ばかりではなく、オカズがラーメンだったりたこ焼きだったりすることもある(おかずがラーメンと言うのも変な話である)。
それはその日の気分によって変わる。そこも通常の自慰行為と同じではないだろうか。
私はもっと多くの人に「食い自慰」を楽しんでいただきたい。
先ほども書いた通り、食い自慰は食べている間はずっとオーガズムに達している状態なので、長くエクスタシーを感じることができる。
何よりも、大食い動画を見た後の食事は、最高においしい。

普通の慰めに飽きてしまった方は、一度「食い自慰」をヤってみてはいかがだろうか。